RSS

ふきだし作成に便利な銀ペンシリーズ【ブラシスクリプト紹介】

ガノーさんが作成したふきだし描画のブラシスクリプト 銀ペンシリーズは、パラメータの設定で無限のふきだし表現が可能です。
下の画像は、銀ペンで作成できるふきだしの一例です。
mdiapp_20170812_001.jpg

銀ペンシリーズのダウンロードはこちらへ
【銀ペン】漫画制作が効率的に?メディペやmdiapp+で簡単ふきだし!【無料】

銀ペンシリーズには種類があり、パラメータで多彩な表現が可能な「銀ペン」の他、普通の丸いふきだしを作成する「丸銀ペン」、ギザギザ部分が曲線ではなく直線で描かれる「銀座ペン」、真四角な吹き出しにしっぽ(くちばし)も付けられる「角銀ペン」があります。
mdiapp_20170812_004.jpg

このほか、ふきだしのしっぽ部分を作成するのに便利な「アルペン」が存在します。

以下、使用に関して解説。
【続きを表示する】

塗りつぶしペン がすごい便利

Kasariさんのブログ P10MEMO  にて公開している ブラシスクリプト 塗りつぶしペン が、自分が長らく求めていた機能を持つブラシですごい有用で感動しています。


●塗りつぶしペン(fill.bs)の更新、バージョン0.31になりました。

現時点での最新バージョンがこちら。※2018年1月18日 バージョンアップしました。
★バージョンアップにより背景色で塗りつぶしを行う fill_bg.bs (線が前景色、背景色で塗りつぶしも可能)などのブラシも同梱されるようになりました。

このブラシができることを簡単にいうと、投げ縄選択 + 塗りつぶし を一括で行うブラシです。
ブラシで囲った部分が選択色で塗りつぶされます。
mdiapp_20170808_007.jpg
このブラシは実際使ってみれば一発で使い方がわかりますが、例えば青い線のようにペンを動かすと、横の形に塗りつぶされます。



このブラシがどのようにすごくて便利なのかといいますと、

【1】 ブラシなので 手ぶれ補正が効くためなめらかに囲める

【2】 あらかじめ範囲選択をした状態で使える。(投げなわ選択+塗りつぶしだと同様にはできない)

【3】 透明色も使える。(もちろんZキーでの一時透明色選択 が利用可能)

ブラシなので当然な事を言っているのですが、投げなわ選択+塗りつぶしとは大きく異なり、この点が素晴らしい点だと思います。



【続きを表示する】

透明色

カラーウィンドウにあるこの部分は「透明色」です。
mdiapp_20170724_001.jpg

ここを選択していると透明で描画されます。つまり消しゴムで消したのと同じことになります。

ブラシツール選択時には、選択しているブラシの形状で消すことができます。
さらに図形描画ツール、塗りつぶしツール選択時にも透明色が使えます。

さらに便利な機能として、
●Zキーを押しっぱなしにすると、一時的に透明色が選択されます。
カラーウィンドウから透明色を選択しなくてもOKなので線画修正時などで活用しています。

ところがこのZキー押しっぱなしの機能はブラシツール選択時のみ有効です。図形描画、塗りつぶしツール時にはこの機能はつかえません。


個人的には塗りつぶしツールで透明色が使えるのはホント便利で、線画ではみ出したところを一気に消す、なんて使い方をしています。できることなら塗りつぶしツール選択時にもZキー押しっぱなしで透明色切り替えが使えるとさらに便利だと思います。

最近の更新:2017年5月

●mdiapp+ の販売が現在停止しています。

販売終了宣言ではないようですし、その後にもmdiapp+ は更新されているので 今後また販売が再開される可能性をほんのりと期待しています。製作者さんの意向が最優先なわけですし、1ユーザーがそれに口出しはできないわけですし。

●mdiapp+  最新版で範囲選択の機能が向上!

自分にとってすごい嬉しい機能追加がありました。

>選択範囲の拡張時、角を丸めて拡張できるようになりました

選択範囲の拡張時に「角を丸める」というチェック項目が追加されました。
試しに「あ」「■」を描いてみて範囲選択し、角を丸めるた状態で選択範囲の拡張を行い、わかりやすくするため塗りつぶしてみたのが画像右側、今までの状態=角を丸めるにチェックを入れない状態だと画像左側です。
mdiapp_20170525_001.jpg
自然にやわらかく選択範囲が拡大されているのがわかりますか?
私は漫画の擬音の縁取りに選択範囲の拡張をよく行うのですが、今までの状態だとなんとなく角々しているのが気に入らず縁取り部分を修正していたのですが、これで自分の好みの状態にできるようになりました!

角を丸める、丸めないが選択できるので、■ の画像のようにキチっと選択範囲を拡張することも可能です。
ホント便利! この機能待ってました!!

欲を言えば 選択境界の描画 もこの「角を丸める」が選択できたら… と思います。
※選択境界の描画でも、角を丸められるようになりました! やったぁ!!

●ふきだし描画のブラシスクリプト 銀ペン が公開されています

【銀ペン】漫画制作が効率的に?メディペやmdiapp+で簡単ふきだし!【無料】
ガノーさんが作成したふきだし描画のブラシスクリプト 銀ペンシリーズが公開されました。

通常のふきだしから雲形、爆発型とさまざまな形状のふきだしが描けるブラシです。また、四角にふきだしのしっぽがついたものを作るブラシスクリプトも公開されており、できればメディバンペイント、FireAlpacaユーザーの方にも広く知っていただきたいブラシです。
mdiapp_20170525_002.jpg
製作者さんのブログに詳しい使い方が解説されていますが、近いうちにコチラのブログでも紹介記事を書きたいと思っています。

ここ最近の変更:2017年4月

メディバンペイントが約半年ぶりに更新。複数画像によるブラシの作成やメッシュ変形など、mdiapp+の最新機能がメディバンペイントにも搭載されました。

メディバン公式記事
【PC】マルチブラシ
【PC】メッシュ変形

あと4月6日に MediBang Paint 公式ガイドブック (玄光社MOOK) が発売。

メディバンさんのここ1か月の動向は、新機能搭載! 公式ブック発売! と、多方向に攻めてるなーという印象ですが、「公式」としてのスタンスは、その方向でOKなのね? とちょっと疑問に思ってしまうのがいちユーザーとしての感想です。
サラダブラシは使ってみたいブラシの筆頭ではあるのですが…。