RSS

【固定】このブログは

漫画制作ソフトmdiapp+ シリーズの非公式解説ブログです。
過去に販売されていたコミラボの解説記事にもなっています。


・同系列のソフト、MediBangPaint Pro[メディバンペイントプロ]と FireAlpaca[ファイア アルパカ]も操作方法に共通点が多いため、参考になるかもしれません。

記事の一覧をまとめていますので、ここから各記事を読まれるのが読みやすいと思います。
■全記事一覧



このブログの筆者は…… mdiapp+ ユーザー
「初めてパソコンで絵や漫画を描いてみたい」 という人にはメディバンペイントをおすすめしますが、
「複数ページの漫画を定期的に描いている人」にはmdiapp+ を試してみませんか? とおすすめしています。mdiapp+ には「量のあるトーン処理を効率的に行うために必要な機能」があります。

詳しくはこちらの記事で ●mdiapp+ シリーズとは?

素材ブラシ紹介:波・爆煙・地面

ゆきまんまん さん (@yukiman_maso01)が公開されている素材ブラシを一挙紹介!

●波ブラシ



OneDriveで公開されています。そこにある ブラシ説明.jpg にブラシ登録の方法から細かい設定などが詳しく書いてあるのでそこを参照の事。この ブラシ説明.jpg が非常にすばらしく、この画像を見ていただければ全てわかります。

●爆煙
●地面
これらは使用方法ともども詳しくは ガノーさんとこのサイト mdiapp関連情報あれこれ で公開されています。
プロ作成!勢いある爆炎・凝った地面が描ける8ブラシが無料公開されたぞ!
こちらの二つはGoogleドライブでデータが公開されています。記事ではGoogleドライブの使い方も解説されています。

自分の作風によって使い勝手が異なるとは思いますが、作風に合わない方でも ブラシ説明.jpg は素材ブラシの解説として優れていますので必見だと思います。
メディバンペイントユーザーに広めたい…。

隙間をふさぐ機能


2017年12月2日に公開されたmdiapp+ 1.6.10 より
バケツと自動選択において「隙間をふさぐ機能」が搭載されました。
mdiapp_20171204_001.jpg



※おそらく今後、メディバンペイントやFireAlpacaにも搭載される機能なのでしょうが、現時点ではmdiapp+ シリーズのみの機能です。

※※最新版のメディバンペイントにもこの機能が搭載されました。


【続きを表示する】

ふちペン と ふちペン2 


現在、mdiapp+ には2種のふちペンがあります。
ふちペンとは前景色でふちどった線が描かれるペンです。ふちの中は背景色。

ふちペン:「ふち幅」がブラシ径の何%がふちになるかで指定します。
ふちペン2:「ふち幅」をピクセル単位で指定します。



※ふちペン2はFireAlpaca、メディバンペイントには搭載されていません。

【続きを表示する】

ここ最近の変更:2017年秋

ご無沙汰しています。

ボヤボヤしていたら数々の変更がありました。

●mdiapp+ SE  STEAM で販売開始(現状では 6000円、時々割引アリ?)
●コミラボのシリーズの販売終了
●mdiapp+ アイコンが黒から赤へ変更


個人開発のmdiapp+ があり、販売はmdiapp+ SE として行われるようです。
コミラボという名称がなくなってしまうのは悲しいですが、統一感は出たのかな、と。
≪前のページ  | ホーム |   次のページ≫