RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

曲線スナップ、楕円スナップの設定がより便利に!!

2014年5月3日に公開された mdiapp+ 0.9.78 (32/64bit) より
曲線スナップ(楕円スナップ)を拡大縮小できるアンカーが追加されました。



設定した曲線スナップ、楕円スナップの拡大縮小がより簡単に行えるようになり、
さらに縦方向のみ、横方向のみの拡縮も可能になったため、より便利になりました。

 mdiapp_0503_001.jpg  mdiapp_0503_002.jpg

スナップを設定すると、右横、右下、下に赤い○ が出ますので、ここを操作すると拡大縮小ができます。
右横の○が横方向のみの拡縮、下の○は縦方向のみの拡縮、右下の○が縦横比率を保ったままの拡縮です。

ちなみに、
●曲線スナップを選択し、Ctrlキーを押したままの状態で楕円スナップを設定
●スナップの回転(スナップ上部の回転アイコンで操作)時に、Ctrlキーを押したままの操作で
 スナップの大きさを固定したまま回転できます。



かなり以前から実装してほしいと願っていた機能で、本当にうれしいです。
とりあえず速報として記事を書きましたが、使い方をもう少し詳しくして記事を作成しなおします。
あとは前々から、この機能がついたら書こうと思っていた記事を書きます。

いやもぅホント、この機能が付いたのがうれしくて、うれしくて!

(5月8日追記)
というわけで、楕円スナップの詳細記事と、長年、本当に長年あたためていた記事をいよいよアップできました。
Metasequoiaで作成した円柱のオブジェクトを配置して、スナップは楕円スナップを利用しようというもの。
楕円スナップの微調整ができるようになったら、アップしようと準備していて、その時作っていた円柱のオブジェクトは
かなり旧バージョンのMetasequoiaで作成したものでした。現在使用していないXPに入っているMetasequoiaを見て、現在のバージョンとの違いに驚きました。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。