RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

コミックフォントについて【2015.11追記アリ】

★新しく公開されたフォントの情報を随時追記しています。
2015.11 源暎アンチックの情報を追加




商業漫画は古くから、「ひらがなは明朝体、漢字はゴシック体」で打たれています。
※正確には、漢字がゴシックのような文字、ひらがなはゴシックに合わせた太目の明朝っぽい字の組み合わせによる「アンチック体」と呼ばれるフォントだそうです。
昔の漫画は、印刷技術がまだまだ未熟で、さらに紙質も良くなく、明朝体で漢字を打つと線のかすれやつぶれが多く見られたため、それを回避する目的で、漢字だけをゴシック体で打つようになったと昔何かの本かネットで見た記憶があります。
(じゃあすべてゴシック体にすればいいのに、と思いましたが)



現在は技術や紙の質も向上し、さらに印刷を介さずに見ることができるWEBコミック、電子書籍などもあり、漫画独特の書体であることにこだわる必要はなくなってきていると思いますが、それでも「漫画っぽさ」を出すために、「ひらがなは明朝体、漢字はゴシック体」のフォントがあると便利なのでしょう。

今現在、いわゆる漫画セリフフォント、コミックフォントで
フリーで公開されているものがあります。

■やさしさアンチック
http://www.fontna.com/blog/1122/


●M+(エムプラス)フォント ●IPAex明朝 ●IPAexゴシック の3種類を合成したフォントにオリジナルの文字を加え加工したフォントだそうです。
mdiapp_1002_001.jpg
<行間:0 で打ち込みました>フォントは全体的にやや丸みを帯び少し太めです。他のフォントと比較すると同じポイント数で打っても小さめの文字となっています。
数字がちょっとかわいらしすぎるかな?と思いますが、読みやすいフォントだと思います。



■F910新コミック体
http://www.font910.jp/font-list/conposite-comic.html


※F910コミック体として公開されていましたが、2014年10月にひらがな・カタカナを全てデザインし直した新しいバージョンになりました。

こちらは
「源ノ角ゴシック」フォントに、オリジナルのひらがな・カタカナを加えたフォントだそうです。
mdiapp_20150416_015.jpg
<行間:0 で打ち込みました>スタンダードな漫画セリフ用フォントです。
…ここは完全な個人的好みの問題だと思いますが、このフォントの「筆文字に近いアレンジ」部分があまり好みではなくて…。「も」とか、線の入り抜きの流れるような感じだとか。文字の太さに関してはこれくらいのほうが好きなんですが。

ちなみにこちらは旧版のF910コミック体
mdiapp_1002_003.jpg
見比べると、濁点の位置や間隔などが読みやすくなっていたり、全体的にやわらかい印象のかな文字になったと思います。



■GL-アンチックPlus (現在 試験公開中)
http://gutenberg.sourceforge.jp/ja/index.html

トップページからフォントのページに、注意事項の承諾をして、ダウンロードページ下側、和文書体の項目に置いてあります。
漫画用アンチックかなフォントとして作成された「GL-アンチック」に、M+フォントを合成したフォントです。
以前は縦書きに適応していないフォントだったのですが、いよいよ縦書きに対応できるようになりました。
※ただし、現状は不具合の可能性がある試験公開中の状態です。その点を納得の上使用する必要があります。
mdiapp_1002_005.jpg
<行間:3 で打ち込みました>他のフォントと比べると、同じポイント数で打ってもやや大きめの文字です。個人的には字形は一番好みのフォルムです。
GL-アンチックPlusの大きなポイントとしては…
外字で「!!」「!?」が登録されています!さらに汗マークやハートマーク、その他ネタ的な文字までも…。
mdiapp_1002_007.jpg
入力時にはIMEパッドで外字入力しないといけませんが、単語登録すれば次回から簡単です。あとはこのフォント、「あ」に濁点があったり、波線のような長音記号を繰り返し打っても字間が0ならちゃんとくっついて表示されたりと、漫画的なセリフ表現に強いフォントです。
mdiapp_1002_008.jpg
※コミラボ、mdiappでは縦書きセリフに「!!」や「!?」を入力したい場合は別に打って位置合わせする必要があったため、このフォントを使えばこういった感嘆符に関しては解決です。(ただし、「10時」など半角数字を縦書きセリフ中に横書きに打ちたい場合は、やっぱり別入力が必要です)

外字の入力方法はここを読むとわかりやすかったです。
外字を入力するには(@Microsoft サポート)



■CloudAlpaca で利用可能なクラウドフォント「FOT-アンチックセザンヌ Pro」
本来はフォントワークス(株)の有料フォントですが、CloudAlpacaを使用していると無償で使用可能です。(商用可)
mdiapp_20150416_016.jpg
<行間:0 で打ち込みました>やや太目で全体的にこじんまりした印象ですが、フォントに統一感があり読みやすいと思います。数字と文字の組み合わせはこれが一番好みかも。
クラウド機能を使って利用できるフォントなので、ネットにつながっている時でないと利用できないのが難点(打ち込んだあとはクラウド機能をオフにしておいても表示は可能ですが、文字の打ち直しにはクラウド機能をオンにしないとできません)



■源暎アンチック
http://okoneya.jp/font/genei-antique.html


上でも紹介されている F910新コミック体を大本とし、漫画セリフへの使用をより使いやすくするための調整を行われたフォントだそうです。もともとF910新コミック体は「源ノ角ゴシック」フォントに、オリジナルのひらがな・カタカナを加えたものですが、ここにひらがな・カタカナの改変や英数文字を「Linux Biolinum」に差し替えつつサイズ等を調整、さらに上で紹介している「GL-アンチック」から「!!」「!?」などの漫画セリフで使われる記号を組み込む…。となにやらいろんなフォントを組み込みつつバランスを調整していったフォントのようです。

mdiapp_20151124_001.jpg
<行間:1 で打ち込みました> F910新コミック体の中で個人的に気になっていた所も調整されていて、なるほど使いやすくなったフォントだと思います。「!!」「!?」が記号として一文字で打ち込めるってのはやっぱり便利ですよね。

また、こちらのフォントのシリーズ品として、放送音声・電話音声などの表現用に使える「源暎ラテゴ / 源暎ラテミン」の公開もされています。



漫画セリフ用のフリーフォントも数が増えてきて、どれを使っていいのやら迷ってしまいますが、
自分の好みで選びつつ、ただし自分の漫画で「!!」「!?」を多用する方は、これらの記号が入力しやすい GL-アンチックPlus か 源暎アンチック を選択するのが使いやすいと思います。



(2015.11.24 源暎アンチックの情報を追加)
(2015.4.17  F910新コミック体の情報に差し替え、CloudAlpacaの情報を追加)
(2014.10.2 GL-アンチックPlusの情報を追加)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。