RSS

mdiapp+とコミラボ+

mdiapp+の記事を半年以上前に書きました。
その記事の中で、コミラボ+も公開されていくのか…?
なんて書いていましたが、2014年2月28日に
新コミラボに向けての開発版としてコミラボ+が公開されました。

現在はコミラボの会社が開いている
イラスト投稿サイト ポタグラ内のコミュニティ
【公式】コミラボ+ (ComiLaboPlus) 開発報告版コミュニティ
にて公開されています。

コミラボをお持ちの方は、利用制限なしに使用できます。
はじめに立ち上げる際に、コミラボのシリアルキーを入れるよう指示されます。

なおシリアルキーはコミラボトップページから
アカウント管理センター>ログインして>シリアルキー管理 で
自分のシリアルキーがわかります。

さて、コミラボからコミラボ+になってどう変わったかというと…


コミラボ+は、中身はmdiapp+とほぼ同じ、というか
元々コミラボはデリータトーンがついてくるというのも
セールスポイントの一つなのですが、
開発版であるコミラボ+自体には初期状態でデリータトーンがついていません。

一方 mdiapp+には、mdiappにはついていなかった
プロジェクト管理機能が付き、
さらに最近ではツールアイコンが変更され、よりコミラボに近づいたため
現状ではコミラボ+=mdiapp+ のようです。

以下、mdiapp+に対する過去記事を追加変更させて記事にします。



mdiapp+ についた機能や変更点について詳しくは
公式のmdiapp+ に関する記事をずらっと見ればいいのですが、

[Plus] mdiapp+ カテゴリーの記事

ざっくり簡単に、大きな変更点を挙げますと…

● 64bitネイティブ対応 (32bit版も同梱)
最新のPC環境の方には嬉しい対応です。

●マルチスレッド処理による高速化に対応

表示メニューの下部にある、
「マルチスレッド処理による高速化」にチェックをいれます。
非常に重いデータの作業において、
ナビゲータ、手のひら、ホイール操作などに効果をあらわすそうです。

●レイヤーフォルダ機能
レイヤーをフォルダで管理できるようになり、
レイヤーを多く使う方にとって使いやすさが向上しました。

●自由変形機能
選択領域の変形時 (Ctrl+T)、頂点をCtrl+ドラッグで
自由変形が行えるようになりました。
mdiapp_2013621_001.jpg

●mdiapp+には、プロジェクト管理(ページ管理)機能が搭載
mdiappとコミラボの一番大きな違いは
複数ページの管理機能がついているか否かだったのですが、
mdiapp+ にもこの機能がつきました。

ページ管理機能については以下の記事をどうぞ
・コミラボ:ページ管理機能でできること



大きな追加点はざっくりとこんな感じ。
あとは細かい変更・追加機能としては以下のとおりです。

■ツール関連
●フレーム分割機能が従来のオブジェクト操作ツールから独立し、
 ツールボックスに入りました。

mdiapp_2013621_003.jpg

●色域選択ツールがツールボックスから削除、
 色域選択は選択したい色をスポイトで吸ってから、
 選択範囲メニュー>前景色の範囲を選択範囲化 で選択するようになりました。

mdiapp_2013621_002.jpg
これは前よりも処理が早くなった気がするので嬉しいのですが
できたら、スポイトツールで吸ってから、右クリックで選択範囲化! ってできたらもっといいかも。

●カラーウィンドウを「色相環」で表示できるようになりました
 あとはカラーウィンドウを自分の好きな大きさに調整できるようになりました。

mdiapp_2013621_004.jpg
カラーメニューから変更できます。

●放射状スナップの消失点スナップモードが独立しました

mdiapp_2013621_005.jpg
【消失点スナップに関する参考記事】mdiapp:スナップ設定の解説
消失点スナップは、記事中ほど、●放射線(消失点)の部分にあります。

●レイヤーモードにオーバーレイとスクリーンが追加されました。

●ARGB変換フィルタの追加
カラー画像の色調変更に使えるようですが、
モノクロ漫画にはちょっと利用できなさそう…?

●ドラッグズームに「スムーズズーム」モードを追加しました
 …実はコレはどういう機能なのか、未だにわからない…。



■ブラシの種類の追加、機能追加

●ビットマップブラシの画像のランダム回転に対応

●散布ブラシが追加


●ビットマップブラシ・散布ブラシに「色ジッター」「色相ジッター」が追加
 色ジッター:前景色に背景色をランダム合成
 色相ジッター:色ジッターで変化させた値を、更にランダムに色相変化
mdiapp_2014_3_3_001.jpg

●散布水彩ブラシが追加
色がまざる散布ブラシだそうで、詳しくはmdiapp公式記事をどうぞ。
■散布水彩ブラシの追加方法




基本的に、機能がさらに強化され、より便利なソフトになったわけですが、
なくなってしまった機能もあります。

●TWAIN入力機能を削除
64bit対応できない&メンテが出来ないためとの理由により
削除されてしまいましたが、
これって、スキャナで原稿を直で取り込んでの作業が
できなくなったってことですよね?
ペン入れまでがアナログで、以降をPCでやりたい人には
ちょっと一手間必要になったということでしょうか?

●mdiappについていた、PSD連続出力機能を削除
こちらはプロジェクト管理機能がついたための削除となっています。

そのほかコマゴマとしたところが修正されたり、向上したりしています。
使用感は確実によくなっています。

さてさて、今後正式版がいつ公開になるか、とても楽しみです。

(2014.3.3作成)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す