RSS

スナップ設定の解説


スナップ(吸着)機能を使うと、ブラシツール使用時では平行線、放射線、同心円等が簡単に描画できます。
また、選択範囲・図形描画をグリッドやルーラー(cm/mm)に固定して行うことができます
集中線、流線などの漫画表現や、一点透視図の作画などにも利用できます。


メガネコ
上記のような放射線や、まんまる眼鏡もラクラク描けるスナップ設定の解説です。


●スナップウィンドウでスナップ設定の切り替えを行います。
mdiapp_1011_002.jpg
ブラシツール選択時にはブラシスナップが表示され、オブジェクト描画や選択範囲に関連するツール選択時には
オブジェクトスナップがスナップウィンドウに表示されます。
mdiapp_1011_003.jpg
スナップ設定をする際は設定したいスナップをクリック、offで解除となります。

ブラシツール選択時には右クリックでもスナップ設定が行えます。
mdiapp_1011_005.jpg
なお、各スナップ設定はキーボートの数字1~8にショートカットが割り振られています。
(ショートカットの割り当ては上の図のとおりです。1がスナップ設定オフになります)

スナップ設定後、スナップウィンドウ、ブラシのスナップ設定の右側にある黒丸●をクリックするか、ブラシツール選択時の右クリックで平行線スナップの場合はその角度(方向)を、放射状・同心円スナップの場合はその中心点を設定できます。



●各スナップ設定について

●平行線
任意角度の平行線を描くためのスナップです。さらに設定した角度から垂直方向にもスナップできます
mdiapp_20120529_005.jpg

スナップウィンドウの黒丸● クリックもしくはブラシ選択時の右クリックで「スナップの方向を指定」を選ぶと角度の設定が行えます。この時Ctrlキーを押しながら角度を設定すると、15度単位で角度が変化します。
mdiapp_1011_007.jpg




●縦横方向
原稿用紙に対して、平行・垂直方向の線を引くためのスナップです。
mdiapp_20120529_006.jpg




●消失点
一点透視図(1点パース)の作画を便利にするような消失点指定が行えます。

こんな感じのパースをつけた絵を描きたいとき、
mdiapp_20120529_010.jpg

消失点スナップを指定し、こんな感じで4箇所をクリックしていくと…
mdiapp_20120529_013.jpg 

1クリック目と2クリック目の直線、同じく3、4クリック目の直線から消失点が指定され、パース線が引けるようになりました。
mdiapp_20120529_014.jpg




●放射状
指定位置を中心とした放射線を描く場合に指定します。
mdiapp_20120529_008.jpg

スナップウィンドウの黒丸● クリック、もしくはブラシ選択時の右クリックで「スナップの中心をここに設定」を選ぶと放射線の中心を設定できます。
mdiapp_1011_009.jpg




●同心円

指定位置を中心とした同心円を描く場合に指定します。
スナップ

スナップウィンドウの黒丸● クリック
もしくはブラシ選択時の右クリックで「スナップの中心をここに設定」を選ぶと
放射線の中心を設定できます。
mdiapp_1011_010.jpg




●曲線/楕円
指定した頂点を経由する曲線に沿ったブラシ描画ができます。また、曲線スナップ指定時にCtrlキーを押しながらドラッグすると、楕円スナップを設定できます。また、曲線/楕円スナップはスナップ設定をしたあとに、回転や拡大縮小などの微調整も可能です。さらに設定したスナップに合わせて自動的に線を描画することもできます。
mdiapp_1011_012.jpg  mdiapp_1011_013.jpg


曲線/楕円スナップスナップは別記事にて詳しく解説しています。
・曲線/楕円スナップ 詳細




●3Dパース
3Dパースオブジェクトへのスナップをさせたい時に指定します。黒丸● は、複数のオブジェクト配置時、スナップさせたいオブジェクトを選択する際に使用します。

★3Dパース機能、3Dスナップ機能の基本的な操作方法は
公式を参照してください。

3D空間にブラシをスナップさせる (@mdiapp開発報告所)

3Dパース参考記事
・3Dパースを利用する
・3Dパースを利用する際のおおざっぱな流れ




●オブジェクトのスナップ
選択範囲や、枠線などの移動の際、1cm単位で動かしたい時などに使う機能ですが、少なくとも選択範囲やオブジェクトの垂直または水平の移動などはshiftキーを押しながら行えばそれでOKなので、実質あまり利用する機会はないかも…しれません。図形を多用し、きちんと並べていくには便利です。




●スナップ設定は保存することが可能です。

平行線、消失点、放射状、同心円、曲線、楕円のスナップは最大で10個保存しておくことが可能です。
参考記事:スナップ設定の保存



(2008.10作成)
(2012.5.29 機能変更等、記事追加修正)
(2012.6.11 スナップウィンドウの表示変更に伴い記事追加修正)
(2014.5.7 曲線スナップの機能追加により、記事を単独記事に変更)
(2014.10.11 記事改訂、画像を最新の状態に一部差し替え)

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す