RSS

スクリプトブラシがリセットされた話

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「スクリプトブラシがすべてリセットされ
 普通のペンになっていた」

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…



ブラシスクリプトを入れている状態で、
ブラシスクリプト対応前のバージョンを起動・終了させると
「ペン」の設定にリセットされてしまうそうです。


通常、スクリプトブラシは、
ブラシのオプションを開くと スタイル:プログラム になっています。

ブラシスクリプト対応前のバージョンを起動・終了させると
スタイルがデフォルトの「ペン」に差し替わってしまうそうです。
(対応前のバージョンはスタイル:プログラムというのがないので)

ブラシスクリプトの対応は
2010/03/13にアップされた 1.30a からです。
コレ以前のバージョンを同一フォルダに置いている人は
起動させないよう注意してください。


たいていの人はかなり前のバージョンは削除しているのではと思いますので
そういうことが起こるのはあまりないと思いますが、
対応前のバージョン時に初めてmdiappを試してみて、
最近になってもう一度使ってみるようにしてみた、なんて人は注意してください。
なんらかの理由で旧バージョンも持っている人は別フォルダに
隔離しておくとよい、と公式でもアナウンスされています。



自分自身はけっこう古いバージョンを
なんとなく記念に? って感じで一つ残してて
それを起動させることはなかったと思うのですが、
どうやらうっかり起動させてしまったらしくブラシリセットが起こりました。

インストールしてあったブラシスクリプト自体は
mdiappのフォルダ内にある bsフォルダに消えずに残っていますので

元に戻したいブラシのプロパティを開き、
スタイルを ペン から プログラム に変更
プロパティ下部にある「Install Script」ボタンを押して
該当するブラシスクリプトを指定すれば戻りますし、
また新たに入れなおすという手もあります。


かなりレアケースのトラブルだと思いますが、
最初、本当になにが起こったのかさっぱりわかりませんでした。

(2010.7.11作成)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す