RSS

流線フィルタの基本&活用方法(万線トーン)


スピード線などに使う流線は、流線フィルタで簡単に作成できます。
場所:フィルタメニュー>描画>流線
また、使い方によってはストライプの作成もできるため、
スクリーントーンのいわゆるタテ線トーン(万線トーン)として使うことができます。角度付けも自由自在です。


mdiapp_1015_010.jpg




●流線フィルタの基本の使い方
フィルタメニューから、描画>流線 を選択します。
mdiapp_0513_005.jpg

●流線の設定ウィンドウが開き、線の長さ、太さ、密度が設定できます。設定ウィンドウ左側に赤い縦長の三角が表示されています。この三角をドラッグさせることでも流線の角度が調整できます。

●長さの揺れ、太さの揺れ、間隔の揺れ をそれぞれ調整することでランダムな長さの線や、等間隔の線などが引けます。また線の抜きのあるなしを設定するチェックボックスや流線の角度を数値で設定もできます。




●万線設定
設定ウィンドウ右側に設定値を初期値に戻すリセットボタンがあり、その下に「デフォルト設定」と「万線設定」が選択できるようになっています。
mdiapp_0513_006.jpg
万線設定を選択すると、長さ:100と設定され、選択範囲いっぱいまで線がひかれるようになり、また、長さ・太さ・間隔の揺れは0に設定され、好みの線の太さ、密度のストライプが描画できるようになります。



●万線トーンとして使う利点
コミラボ/mdiappでトーン処理を行う際、パターン機能を使うわけですが、スクリーントーンのいわゆるタテ線トーン(万線トーン)は貼る対象によって角度をつけて貼ることがあるのでタテ線のパターンを作成しておいても角度をつけて貼り付けるとアンチエイリアスがかかってしまうので、二値データで漫画を作成したい場合 万線トーンに関してはイマイチ実用的ではありませんでした。
流線フィルタを万線トーンとして使用すると、どんな角度をつけてもアンチエイリアスのかからない線になります。



●万線トーンとして使ってみる

今までアナログでスクリーントーンを使っていてこのキャラのココにはこの万線トーン! というのが決まっているなら、アナログトーンをスキャンしてそれと同じようになる設定値を調べるといいと思います。

大体の手順としては、線1本の太さが何ピクセルか定規ツールなどで測り、トーン画像に重ね合わせて流線フィルタをかけ、密度を調整していく、といった感じです。


ちなみに自分がよく使っている万線トーンと同じようになる流線フィルタの設定値を調べたところ、以下のようになりました。

(いずれも解像度600dpiでの設定値です)
60線30%万線トーン → 設定値 線の太さ:3px 密度:15
15線20%万線トーン → 設定値 線の太さ:8px 密度:10
35線20%万線トーン → 設定値 線の太さ:4px 密度:12

(最後の「35線20%万線トーン」の場合は厳密なものではなく、できる限り近い数値です。密度の設定値がもっと細かければ全く同じになるような設定値にできると思うのですが、まぁ、そこまで極端に違う!って程ではないので)

何かにメモっておいて、今後同じようにしたい時はその設定でフィルタをかければOKというわけです。

本当は、代表的な万線トーンを流線フィルタで作成するときの設定値を一覧表にでもしようと思ったのですが、調べてみても特に代表的な万線トーンというのはないので…。

例えば61番トーン、63番トーンのように定番の万線トーンがあればそれの設定値をまとめたいのですが。

(2010.5.15作成)
(2014.10.15改訂 画像の一部差し替え)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す