RSS

3Dパースを利用する際のおおざっぱな流れ

3Dパースを使用して作画する際の流れをごく簡単に説明します。

3Dパース機能、3Dスナップ機能の基本的な操作方法は公式を参照してください。

3D空間にブラシをスナップさせる (@mdiapp開発報告所)



3Dパースの流れ
最終的にこんな感じで絵を描きます。
表彰台と床の作画に3Dパースオブジェクトを利用しました。おおざっぱに流れを解説するだけなので、ごく単純に。

ひとまず、色々わかりやすくするために漫画原稿の一部分といった感じで枠線を引き、
だいたいこんな感じで描きたいなーというのをラフに描いてみました(青線)
3Dパースの流れ →3Dパースの流れ

レイヤーメニューからVectorレイヤーを追加し、レイヤーの一番下に配置します。

レイヤー情報ウィンドウからオブジェクト>追加>3Dパースを選択。3Dパース編集ウィンドウが表示されます。
3Dパースの流れ

まずは何もせず、OKをクリックします。3Dパースオブジェクトが表示されました。
3Dパースの流れ
(わかりやすくするため、枠線、ラフを薄く表示しています)


オブジェクト操作ツールを「頂点の操作」に選択し、オブジェクトのスミにある小さな白い四角にカーソルを合わせると
オブジェクトの拡大縮小が可能です。また、移動ツールで移動することができますので
3Dパースの流れ
実際自分が利用したい部分よりちょっと大きめに調整、移動させます
漫画原稿の場合は使用したいコマより一回り大きく調整する感じ。


レイヤー情報ウィンドウから今作った3Dパースを選択し、ダブルクリックすると3Dパース編集ウィンドウが開きます。

シーンメニューから「キャンバスを重ねて表示」を選択すると画像が表示されますので、
3Dパースの流れ →3Dパースの流れ
これに合わせてオブジェクトを作成したり、画面のアングルを調整します。


だいたいこんな感じ? というのを作ってみました。
3Dパースの流れ


★ここで重要ポイント
このアングルで決定!となりましたら、
必ずカメラメニューから「現在の視点を保存」を選択してください。
これ、絶対。
3Dパースの流れ
このアングルが「*Camera」として保存されます。その後の微調整でアングルをうっかり変えてしまっても、
(これが意外と起こりやすい)この「*Camera」をクリックすると元に戻ります。

あとは作成したオブジェクトを利用して、下書き、ペン入れと進みます。
3Dパースの流れ  3Dパースの流れ
(今回の場合はラフ→ペン入れ)


3Dスナップ機能の利用方法は

・3Dパースを利用する

を参照してください。

(2010.5.7作成)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す