RSS

パターンの使い方  1cm方眼を作る

操作的には現在と大差ないのですが、かなり旧タイプのmdiappを使った解説記事です。



◆グラフィックツールmdiappの解説です。
miku.jpg
トーン処理で使用するパターンの使用方法を
何かと便利な1cm方眼パターンの作成方法とともに解説します。


●パターンの作成

まずはファイルメニューの新規作成から、
タテヨコ1cm 解像度600dpi レイヤー:1bpp(二値) のファイルを作ります。
テクスチャ作成画像
印刷することを目的とした漫画の作成を前提にしていますので、
解像度は600dpiにしてますが、高解像度で作成することのない方はお好みの解像度で。

ツールから ライン描画ツール を選択します。
濃度は100% アンチエイリアシングのチェックは外します。
線の太さはお好みで、今回は 0.04cmにしました。
この時スナップ設定を 図形:ルーラー/mm にすると直線が描きやすいです。
描画色は黒を選択します。
テクスチャ作成画像

直線の引き方は…
始点でクリック。
テクスチャ作成画像

カーソルを終点に移動して
テクスチャ作成画像

終点でダブルクリック。これで直線が引けました。
テクスチャ作成画像

横線も同様に引きます。
テクスチャ作成画像

線を引く場所はどこだってかまいません。とりあえず今回はど真ん中に引きました。

ファイルメニューから名前をつけて保存を選択。
わかりやすい名前をつけ(今回は 1cm方眼 とつけました)ファイルの種類をPNGにして保存。
保存場所はどこでもかまいませんが、わかりやすくデスクトップにでも保存しておきます。
この時、エクスポート設定で透明情報の保存が選択できますが、
今回は透明部分はありませんので、どちらでもかまいません。
テクスチャ作成画像

現在のバージョンでは、パターンとして使用できるファイル形式は
BMP、PNG、JPEG、TARGA、PSD形式だそうですが、
モノクロ画像でもっとも軽くなるであろうPNGがいいのではと思います。




●パターンの使用
新たにファイルメニューの新規作成から、
タテヨコ10cm 解像度600dpi レイヤー:1bpp(二値) のファイルを作ります。

矩形選択ツールを選択するとパターンウィンドウが表示されます。
(通常、ブラシ使用時にはブラシウィンドウが表示されていますが、
 矩形選択ツールなど、範囲選択のツールを選択されると
 ブラシウィンドウがパターンウィンドウになります)
テクスチャ作成画像

パターンウィンドウのパターンメニューから
ファイルから追加を選択し、先ほど作成したPNGファイルを選択します。
テクスチャ作成画像

パターンウィンドウの中に先ほど作成した画像が表示されます。
テクスチャ作成画像

このパターン画像をクリックするとパターン貼り付けウィンドウが開きます。
(もしくは編集メニューの パターンで塗りつぶす を選択)
テクスチャ作成画像
パターン貼り付けウィンドウのプレビュー部分にカーソルを合わせると、
上下左右の矢印に変化、パターンの貼り付け位置が調整できます。
(貼り付け位置を元に戻したい場合は 位置のリセット をクリック)
貼り付け をクリックするとパターンの貼り付けが完了です。

画像の一部分にパターンを貼り付けたい場合は
選択範囲のツールを使用して範囲を選択してから同様に。

なお、パターンを追加すると、作成したパターン画像は
自動的にmdiappフォルダの中のpatternフォルダの中に保管されますので
デスクトップ等に保存しておいた画像は削除してもかまいません。




今回作成した1cm方眼はなにかと便利です。
適当に描いたガンダムも、なんとなくサイバーな感じに! ……なりますか?
テクスチャ作成画像
適当に描いたガンダムの背景に

新たに1bpp(モノクロ)レイヤーを作成。黒で画像全体を塗りつぶし、
レイヤーオプションで表示色を緑がかった黒(R:3 G:43 B:23)に設定

その上に1bpp(モノクロ)レイヤーを作成、1cm方眼パターンを貼り付け
レイヤーオプションで表示色を蛍光緑(R:0 G:255 B:20)に設定。

そのレイヤーを複製し、8bpp(グレー)レイヤーに変換、
レイヤーオプションで表示色を白みがかった蛍光緑(R:145 G:255 B:154)に設定。
画面全体を選択し、ガウスぼかしを強度20でかける。

と、こんな感じで作成しました。漫画の背景としても重宝します。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す