RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

マスク実践編

マスク実践編

マスク機能を使用して、イラストを加工する方法の解説です。

マスク機能にクリッピング機能を合わせて加工するとさまざまな加工ができますが、
基本的なマスク機能の利用法を解説します。



●窓から体を出しているような加工
マスク実践編
上のような窓枠から体を出しているような加工をしてみます。

キャラクターと窓の画像を作成。(レイヤー名を「キャラクター」「窓」とします)
マスク実践編  マスク実践編


キャラクターレイヤーの下に窓レイヤーを置きます。
マスク実践編   マスク実践編

窓レイヤーを複製(レイヤー名を「マスク用」にしました)
描画色を黒に選択し、多角形描画ツール等で窓からはみ出す部分を塗ります。
マスク実践編   マスク実践編

こんな感じになります。
マスク実践編   マスク実践編

マスク用レイヤーをキャラクターレイヤーの上にもっていきます。
マスク実践編   マスク実践編

マスク用レイヤーを選択し、レイヤーメニューから下のレイヤーのマスクにするを選択さらに逆マスクを選択します。
マスク実践編
窓から体を出しているような加工ができました。

別に背景を付け、文字を入れたりするとこんな感じ
マスク実践編





●キャラクターと背景をなじませる
マスク実践編

「大空に顔!」みたいな感じで二つの画像がなじんでいくように合成する方法です。

キャラクターと空っぽい画像を用意しました。(レイヤー名を「キャラクター」「背景」とします)
マスク実践編   マスク実践編


背景レイヤーの上にキャラクターレイヤーをおき
マスク実践編   マスク実践編

キャラクターレイヤーのの上にグレーレイヤーを新しく作成、レイヤーメニューから
下のレイヤーのマスクにするを選択し通常マスクを選択します。(レイヤー名を「マスク用」とします)
マスク実践編


マスクレイヤーを選択し、描画色を黒にして背景となじませていきたい部分をブラシで塗っていきます。(画像の場合は下と手のひらあたり)
キャラクターレイヤーは、ブラシで塗った部分が透明になりますので、背景になじませていきます。
マスク実践編

マスクを解除するとこんな感じ
マスク実践編

キャラクターレイヤーを消しすぎたとおもったらマスクレイヤーを消しゴムで消します。
マスク実践編




●マスクをした後、画像を移動するときは…
マスクの状態はそのままに、画像を移動させたいときはマスク用レイヤーとキャラクターレイヤーをリンクさせれば一緒に移動させることができます。
マスク実践編   マスク実践編

参考記事
「複数レイヤーをリンクさせる」

(2009.12.2作成)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。