RSS

クリッピング実践編

クリッピング実践編

イラストを描く際にどのようにクリッピング機能を使用するのか、代表的な使い方を解説します。
他のイラストツールの講座などでも解説されている内容ですが、ひとまず記事として作りました。



●色を塗る際に使用
おおざっぱに説明します。まずはこういった塗りがあった時(レイヤー名を「ベース」にします)
mdiapp_1125_001.jpg

新しくレイヤーを作成してレイヤーメニューから、下のレイヤーでクリッピングを選択。(レイヤー名を「影色」にします)
mdiapp_1125_002.jpg

この影色レイヤーを塗っていくと、表示されるのは下のベースレイヤーでクリッピングされる部分のみですのでこうなります。
mdiapp_1125_003.jpg

クリッピングを外してみるとこんな感じ
mdiapp_1125_004.jpg


クリッピングの対象となるレイヤーは何枚も増やすことができます。

影色レイヤーの上に新しくレイヤーを作成して
レイヤーメニューから、下のレイヤーでクリッピングを選択。(レイヤー名を「ハイライト」にします)
mdiapp_1125_005.jpg

塗っていくと同じようにベースレイヤーでクリッピングされて表示されます。
mdiapp_1125_006.jpg

クリッピングを外してみるとこんな感じ
mdiapp_1125_007.jpg


ネットでイラスト描きの講座を見ると髪の毛や服などのパーツごとにレイヤーをつくり
レイヤーごとにクリッピングで影色等を重ねていく方法が現在の主流のようですね。




●線画の色変えに使用
線画を作成 → 別レイヤーを使用して彩色
クリッピング実践編 クリッピング実践編

線画の上にカラーレイヤーを新しく作成して、レイヤーメニューから、下のレイヤーでクリッピングを選択。
そのレイヤーを彩色すると、線画の色を簡単に変えることができます。

クリッピング実践編 クリッピング実践編
これは、右にあるようなピンクから紫のグラデーションで塗りつぶしたレイヤーで線画の色変えを行ったものです。


黒一色では重たい感じする絵も印象が変ります。
髪の毛や肌、布地(特に白っぽい布地)の線の色を変えるとやわらかい印象になりますね。

(2009.12.2作成)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す