RSS

クリッピング、マスク、逆マスク

クリッピングとマスク

レイヤーの機能として存在する、クリッピング、マスク、逆マスクどういう事ができるのか書いていきます。
自分自身、今まで使ってこなかった機能なので、覚え書き程度の記事になります。

●わかりやすく言い換えてみる
とりあえず、意訳になりますが、別の言葉に置き換えてみると
クリッピング:切り抜く  マスク:覆い隠すといった感じです。

クリッピングは対象となるレイヤーを元となるレイヤーの不透明度で切り抜きます。

マスクは、対象となるレイヤーを元となるレイヤーの不透明度で覆い隠します。



●実際やってみる
まずはこういう画像を用意しました(レイヤー名を「対象」とします)
クリッピングとマスク

クリッピング/マスクをするためのレイヤーを作成。(レイヤー名を「元画像」とします)
クリッピングとマスク

・クリッピング
クリッピングの元となるレイヤー(元画像)を対象となるレイヤーの下におきます。
クリッピングとマスク

対象となるレイヤーを選択し、
レイヤーメニューから「下のレイヤーでクリッピング」を選択
クリッピングとマスク   クリッピングとマスク
元となるレイヤーの不透明な部分で対象となる画像が切り抜かれました。
切り抜かれなかった部分は透明になります。


・マスク/逆マスク
マスクの元となるレイヤー(元画像)を対象となるレイヤーの上におきます。
クリッピングとマスク

元となるレイヤーを選択し、レイヤーメニューから「下のレイヤーのマスクにする」を選択
クリッピングとマスク   クリッピングとマスク
元となるレイヤーの不透明な部分で対象となる画像が覆い隠されました。
マスクされた部分は透明になります。


マスクをした状態でレイヤーメニューから通常マスク、逆マスクが選択できます。
逆マスクを選択すると
クリッピングとマスク   クリッピングとマスク
通常マスクと逆、つまり元となるレイヤーの透明な部分で対象となる画像が覆いかくされました。




クリッピングやマスク機能がなくても不要な部分を消すことで同様の画像を作成することは
可能なんですが、クリッピングやマスクの利点はやりなおし、微調整が容易なことです。

クリッピング/マスクをした状態のままで対象画像や元画像を移動させたり、描き足すことも可能です。
クリッピングとマスク   クリッピングとマスク

クリッピング/マスクの元画像に描き足しを加えれば
クリッピングとマスク   クリッピングとマスク
クリッピング/マスクの範囲を広げたり消すことも可能です。




クリッピング/マスクの元は通常のレイヤーだけでなくvectorレイヤーでも可能なので、文字でクリッピング/マスクすることも可能です
クリッピングとマスク

コミラボ/mdiappならではの嬉しいコトとして、レイヤーをハーフトーン表示した状態でも
クリッピング/マスクすることが可能です。
クリッピングとマスク
こういう画像を作って
クリッピングとマスク   クリッピングとマスク
レイヤーのプロパティでハーフトーン処理を選択これを元画像としてクリッピングをかけるとこんな感じ
クリッピングとマスク




●クリッピングと逆マスクの違い
上にあげた結果をみるとクリッピングと逆マスクが同じもののように見えますが、実は違いがあります。

以下のような透明部分を含む画像をクリッピング、逆マスクをしてみます。
クリッピングとマスク

左がクリッピング、右が逆マスク
クリッピングとマスク   クリッピングとマスク

これを見るとわかるとおり、クリッピング/マスクをかけた時マスクの場合、元画像も透明になりますが、クリッピングの場合は元画像が残ります。

クリッピングは「元画像も残る」という特徴を生かし画像作成に活用していきます。

個人的な印象として、クリッピングはイラスト等を作成する際に活用、
マスクは出来上がった画像を加工する際に活用といった感じで使い分ける機能だと思います。

実際、どういう風に活用していくかはクリッピング/マスク実践編に続きます。

・クリッピング実践編
・マスク実践編


(2009.11.24作成)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す