RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

塗りつぶしペン がすごい便利

Kasariさんのブログ P10MEMO  にて公開している ブラシスクリプト 塗りつぶしペン が、自分が長らく求めていた機能を持つブラシですごい有用で感動しています。

塗りつぶしペン(fill.bs)、バージョン0.2。 

現時点での最新バージョンがこちら。

このブラシができることを簡単にいうと、投げ縄選択 + 塗りつぶし を一括で行うブラシです。
ブラシで囲った部分が選択色で塗りつぶされます。
mdiapp_20170808_007.jpg
このブラシは実際使ってみれば一発で使い方がわかりますが、例えば青い線のようにペンを動かすと、横の形に塗りつぶされます。



このブラシがどのようにすごくて便利なのかといいますと、

【1】 ブラシなので 手ぶれ補正が効くためなめらかに囲める

【2】 あらかじめ範囲選択をした状態で使える。(投げなわ選択+塗りつぶしだと同様にはできない)

【3】 透明色も使える。(もちろんZキーでの一時透明色選択 が利用可能)

ブラシなので当然な事を言っているのですが、投げなわ選択+塗りつぶしとは大きく異なり、この点が素晴らしい点だと思います。



例えばね、こんな主線がブツギレの円とかを描いてみて(楕円スナップを使って書きました)
mdiapp_20170808_001.jpg

この円の中を塗りつぶしたいのですが、主線が切れているのでバケツツールだと完璧はみだします。
選択色をピンクにしてこの円をぐるっと塗りつぶしペンで囲ってみます。(同じく楕円スナップで、ぐるっと囲みました)
囲んだ部分の内側が塗りつぶされました。
mdiapp_20170808_002.jpg

このピンク部分を範囲選択、選択色はこいピンクにして、影の形になるよう囲ってみます。
範囲選択しているので、当然ですが選択範囲内だけ塗りつぶされます。
mdiapp_20170808_003.jpg


で、透明色を選択して囲ってみれば消しゴムと同じような使い方にもなりますし。
(ここだけ透明背景にしてるけど、わかりづらいですね)
mdiapp_20170808_004.jpg


なお、現在のバージョンではCtrlキーを押すことで基点が設定でき、ペンの描き始め点→基点→書き終わり点 で囲った部分がぬりつぶされます。
mdiapp_20170808_005.jpgmdiapp_20170808_006.jpg


赤い十字の基点が見えますでしょうか? こんな感じにも塗りつぶしが可能です。

前々からなげなわ塗りつぶし機能が欲しいと思っていたのですが、まさしくその機能にあたるブラシが出てきてすごい嬉しいです。

例えば消しゴムツールで消すよりも消したい部分だけくるっと囲んで消すというのも便利ですし、

投げなわ選択ツールを多用しているけど、なんとなくガタガタしちゃって…という方は塗りつぶしペンを選択してから選択ペンツールに切り替えて投げなわ選択感覚で使うと非常になめらか!

作風によっては使い道に迷うかたもいらっしゃるとは思いますが、
大多数のユーザーさんにとっては便利なペンだと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。