RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ここ最近の変更:2016年12月

FireAlpaca に3Dパースが搭載

FireAlpaca 1.6.0より、今までmdiapp、コミラボにのみついていた機能「3Dパース」が搭載され、

3D空間を表示する「3Dパース機能」と、作成した3Dオブジェクトに沿って描画できる「3Dスナップ機能」が使えるようになりました。

詳しい解説はFireAlpaca公式を参照のコト。
3Dパース機能を使ってみよう(1)
3Dパース機能を使ってみよう(2)

mdiapp、コミラボとはほんの少し使い方の流れが異なるようですが、基本的には一緒です。


もうしばらくすればメディバンにも搭載されるでしょうし、ますます機能差がなくなってくるなーー……。
まぁ、FireAlpacaやメディバンペイントのユーザーが増えれば、機能の向上にもつながりやすいし、結果的にmdiappユーザーも恩恵を受けるわけだから、この流れでいいのでしょうね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。