RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ここ最近の変更:2016年8月 その2

メディバンペイントでもハーフトーン処理が可能になりました!

mdiapp_20160830_001.jpg  mdiapp_20160830_002.jpg

ハーフトーン機能とは、グレースケールで描かれた画像の濃淡をドットや線の集合で表現する機能で、簡単に言えばグレーで塗った部分がスクリーントーンのように表現できます。
見本画の背景のようにグラデーション部分もドットの大小で表現できるので、グラデーショントーンや微妙な陰影もトーン化可能になりました。

メディバンペイントユーザー向けのハーフトーン機能 ざっくりまとめ
ハーフトーン処理が行えるのは8bpp(8bit)レイヤーのみ
レイヤーダブルクリックでレイヤー属性を表示、ハーフトーンの項目をアミ点、縦線、横線のいずれかに選択
ハーフトーンの項目の下にある 「60 線」でドットや線の細かさを指定可能(数字が大きくなれば細かくなります)
・ハーフトーン処理した部分を色づけしたい、画像を縮小処理したい場合は
レイヤー右クリックで「ハーフトーンを定着させる」を行ってから、レイヤーをカラーレイヤーに変換したり、縮小する。

※ハーフトーンを定着させずに画像を縮小させても、ハーフトーン処理のドットの大きさは縮小されません。
目的によっては定着させずに縮小したい場合もでると思いますので、その場に応じて処理します。

※最初っからハーフトーン処理指定になっている ハーフトーンレイヤーも追加可能です。



以下の記事はmdiapp でのハーフトーン処理を解説した記事ですが、操作はほぼほぼ一緒ですので、メディバンペイントユーザーの方でも参考になると思います。

ハーフトーン表示

CGイラストでよくある、「背景にだんだん小さくなるドットがあるアレ」の作り方記事はコチラで。
ハーフトーン表示を活用してみる
mdiapp_0917_011.jpg


mdiapp+ にしかなかった機能がメディバンペイントに搭載されるのは、mdiappユーザーとしてはかなり複雑ですが、ソフトの発展とユーザーの拡大からいえば喜ばしい出来事なのでしょうね。

このままメディバンペイントが進化していくなら、ハーフトーン機能に望むこととして…
・縦線、横線ではなく、「ライン」として角度を15度単位で指定
・縦線・横線が90度で重なった状態でハーフトーン処理される「クロス」
・砂トーン処理されたようになる「ランダム」

これらの機能、搭載しませんかねぇ。その昔、Photoshopプラグイン「パワートーン」に搭載されていたトーンチェンジャーの機能により近づいていただきたいのですが。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。