RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

mdiapp+ 正式版リリース関連:設定の移行

mdiapp+ が正式にリリースされました。正式版リリース以前のバージョンを使われていた方向けの設定の移行覚書です。

※※正式版が公開されたのち、小さい修正が行われることが多々ありますので、常に最新版をチェックしておくとよいでしょう※※

●大事な基本的事項
大幅な変更により、設定がリセットされています(設定フォルダが別になっています)
いくつかの設定はもともとの設定フォルダからのコピーで簡単に対応できます。
ブラシは表示方法が大幅に変更になったため、ちょっと手間がかかります。


正式版mdiapp+ と 以前のバージョンのmdiapp+ は同時に起動できません。
「今までツールの配置をどうしてたっけ?」
「枠線の設定値はどうだった?」
となった時は、正式版mdiapp+を一旦閉じて、旧mdiapp+ を開いて確認…という方法をとるようになります。
少々面倒ですが、仕方ないですね。

以下、旧mdiapp+ ユーザーが正式版mdiapp+ に移行する際の覚書です。
(現在作成途中、情報が随時追加、変更される予定です)

●移行の準備
旧版のmdiapp+を開き、 Helpメニュー > 設定フォルダを開く  で旧版の設定フォルダを開きます。
旧mdiapp+ を閉じて、正式版mdiapp+を開き、同様にして正式版の設定フォルダを開きます。
正式版の設定フォルダは「mdiapp++」と「+」が2個ついている方です。ここで区別つけます。


●製品キーの入力
正式版を起動すると、「製品キーを入力してください」と出ます、mdiapp購入者は
旧版の設定フォルダ内の registration_key.xml を開いて

Key value=" ここに表示されてる文字  "    を入力します。

●設定の移行 パターン、パレット、テンプレート
パターン、パレット、テンプレートは旧版設定フォルダからのコピーで対応できます。
・例 パターンの場合
正式版設定フォルダ内 「pattern」フォルダを開き、旧版設定フォルダ内 の「pattern」フォルダの中身を丸々 コピー。
バックアップの意味も込めて、フォルダの中身は コピーで移動させたほうがいいです。
(普通にドラッグ&ドロップで移動させると、旧版の設定フォルダのもともとのデータが移動するため、旧版の設定フォルダからは消えてしまいます)

●ブラシの移行
ブラシは表示方法に大幅な変更があったため、少し手間がかかります。

テキストエディタを使用して、必要なところをコピペしていけばOKなのですが、テキストエディタといわれてもなんのことやらピンとこない方は、手作業で必要最低限のものから移していって、旧版に入っているブラシが必要になった時に都度移行させていったほうがいいかもしれません。私なんかも試しにいれてみたブラシや、テストで作成したブラシなど使わないものがいっぱい入っていましたので、ブラシ整理を兼ねて移行していくのもよいかと思います。

・手作業で移行する場合は…
旧版の設定フォルダ内、「brush_bitmap」フォルダに素材ブラシの素画像が、「brush_script」フォルダにブラシスクリプトがそれぞれ入っています。ここから移行したいブラシのデータをデスクトップあたりにコピーして、正式版mdiapp+ で新たに登録していきます。





・テキストエディタ等を利用した、ブラシ移行の手順
ブラシ移行の方法を簡潔にまとめられていたので引用させていただきます。
旧版のブラシを、とにかく丸々移行させたい! という方には…


まずは旧版、正式版mdiapp+ の設定フォルダを開き、mdiapp+は閉じておきます。(重要)
【1】旧版の設定フォルダ内、「brush_bitmap」フォルダ、「brush_script」フォルダの中身をそれぞれ正式版の設定フォルダ内の「brush_bitmap」、「brush_script」フォルダの中にコピーします。

【2】正式版mdiapp+ の設定フォルダ内 「brush.xml」を開きます。
mdiapp_20150929_002.jpg
初期状態だとこんな感じです。赤い線で囲った <Brushes> から </Brushes> までの間に書いてあるのがブラシ1本1本の設定です。

【3】旧版の設定フォルダ内、「brush」フォルダを開きます。
--.xml から E.xml まで 複数ファイルがありますので、それぞれ開きます。やっぱり <Brushes> から </Brushes> でブラシの設定が記載されていますので、ここを丸々コピー、正式版のbrush.xml の<Brushes> から </Brushes> までの間にペーストします。

【4】上書き保存して完成です。正式版mdiapp+ を開いてみると、ブラシが移行されてずらっと並んでいるはずです。
ブラシのグループ分けは、設定ファイルをいじるより、実際にmdiapp+ でグループ分けしたほうが簡単です。

この手順を読んでなんだか難しそう…と思うなら、手作業移行を激しくおすすめします。
個人的な意見ですが、ブラシに関してはブラシ整理を兼ねながらチマチマ手作業で移行したほうがいいと思いますよ。
私は丸っとコピペではなく、使う頻度が高いブラシをテキストエディタ使って移行させる方法を取る予定です。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。