RSS

ブラシスクリプトを使ってみる:基礎編


ブラシスクリプトとは、プログラム制御により多彩で自由度の高い描画が行えるブラシです。
mdiapp、コミラボ、コミックワークスNEOと最新版のFireAlpaca、メディバンペイント でも使えます。
ブラシスクリプトの基本的な使い方を解説します。


FireAlpaca、メディバンペイントユーザーで、ブラシスクリプトってなんだろう? という方向けの解説記事です。

●ブラシスクリプトと素材ブラシの違い
素材ブラシ:PNG画像などの画像をブラシの形状として描画できるブラシ。画像であればどんな複雑な画像もブラシにできる。
ブラシスクリプト:プログラム制御により描画されるブラシ、パラメータの変更により多彩な描画が可能。

素材ブラシは、ブラシとして指定した画像のサイズ変更はできるものの、形状としては指定した画像1種類だけですが、
ブラシスクリプトの場合、パラメータの変更で描画結果を変化させることができます。

例えば この鎖、ブラシスクリプト「鎖ブラシ」1本で描画しました。【木野このえさん作 鎖ブラシ
mdiapp_20150416_007.jpg



漫画に欠かせないふきだしを描画するブラシもあります。ふきだしの「くちばし」部分の位置指定だって可能です。【りんぽんさん作 ふきだしブラシ
mdiapp_20150416_009.jpg

ブラシスクリプトは、イラスト・漫画を描く際のいろいろな表現方法をサポートします。

以下、ブラシスクリプトの基本の使い方、追加の方法を解説します。



●ブラシスクリプトの基本
FireAlpaca、メディバンペイントを最新バージョンにしていれば、ブラシの一覧に赤い四角のラベル()がつけられたブラシがいくつか入っています。この赤ラベルのブラシがブラシスクリプトです。
mdiapp_20150416_001.jpg  mdiapp_20150416_002.jpg
ブラシスクリプトを選択すると、ブラシコントロールにはいくつかのパラメータが表示されます。このパラメータを変化させると、多彩な描画が可能になります。

FireAlpacaメディバンペイントには基本で入っている、回転対称ブラシを使ってみます。
回転対称ブラシを選択し、パラメータは何もいじらずに とりあえず何か描いてみましょう。
mdiapp_20150416_017.jpg
描き始めを中心として、5本の線が一気に描かれました!(実際に描画したのは中心から上に向かう1本だけです)

パラメータのところに、「Ctrl+クリックで基点指定(キャンバス)」と書いてありますよね。
それではCtrlキーを押しながら、キャンバスの好きなところをクリックしてみます。クリックしたところに赤い十字が表示され、この赤い十字が回転の中心となります。
mdiapp_20150416_004.jpg

パラメータの「数」を変更すれば、回転対称でコピーされて描画する数が変更できます。
mdiapp_20150416_005.jpg  mdiapp_20150416_006.jpg



●ブラシスクリプトの入手先

ブラシスクリプトは個人でも作ることが可能です。記事の最初にあった鎖ブラシやふきだしブラシも、そのような形で公開・配布されているブラシです。
別記事にて、ブラシスクリプトを公開されている方のリンク集を作りましたので、そちらを参照してください。

ブラシスクリプトを使ってみる:リンク集

●ブラシスクリプトの追加方法
ブラシスクリプトは、「××.bs」といったブラシスクリプトファイルをソフトに追加することで使用できるようになります。公開されているブラシスクリプトのダウンロード方法は公開されている方により異なりますが、大抵はブラシスクリプトファイルそのものがダウンロードできるようになっています。

実際に、鎖ブラシをダウンロードし、追加してみます。
鎖ブラシは 木野このえさんのブログ「このぶ」にて公開されています。

鎖ブラシ(ver.4)

mdiapp_20150416_010.jpg
リンク先の記事中ほどにある、「日本語版」をクリックすると、ダウンロードページに飛び、ダウンロードボタンをクリックすると、「co_b-chain_jp.bs」がダウンロードできます。


・FireAlpaca 、メディバンペイント の場合
mdiapp20151217_002.jpg

ブラシリストウィンドウの下、Sマークのアイコンをクリックすると、ブラシスクリプトが追加できます。先ほどダウンロードした「co_b-chain_jp.bs」を選択すると、鎖ブラシが追加できました。
追加できたブラシをダブルクリックすると、ブラシ編集が開きます。ブラシ名の変更なども可能です。
mdiapp_20150416_012.jpg

・mdiapp、コミラボの場合
ブラシウィンドウ>ブラシ>ブラシスクリプトの追加  でブラシスクリプトが追加できます。
追加されたブラシをダブルクリックすれば、名前の変更も可能です。


次の記事では、ブラシスクリプトを公開されている方を紹介していきます。

ブラシスクリプトを使ってみる:リンク集
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す