RSS

トーンを削ったような表現:まとめ

mdiapp20150203.png


スクリーントーンを削ったような表現をするには、削りに適した素材ブラシを使う方法や、
スタンプツールを使用する方法があります(スタンプツールはmdiappとコミラボのみ)
素材ブラシの紹介記事とスタンプツールの記事のまとめです。





【1】素材ブラシを使う方法
削りに適した形状の素材ブラシで描画します。削るというより上から描くということになります。

●トーンの削り方
※※二値データを作りたい人はツールオプションのアンチエイリアスをオフにするのを忘れないでください※※


方法1:トーンを貼っているところに直接描画します。カラーを白にして描画すれば削ったように描画できます。
またはキーボードのZキーを押しながら描画すれば「透明色で描画」ということでこの方法でもOKです。

方法2:トーンを貼っているレイヤーの上にさらに1枚レイヤーを置き、レイヤーの表示色を白にして描画。
この方法なら削りに納得できない場合でもやり直しが簡単です。

または、トーンを貼るための範囲選択をする際に、選択消しツール+素材ブラシ選択 であらかじめ削ってからトーンを貼るという方法もありますが、完成図がわかりにくいのであまりおすすめではありません。

●カッターで削ったようなシャープな削り表現
mdiapp_20150210_001.jpg  mdiapp_20150120_002.jpg
カッターを動かしたような削り線を描く素材ブラシを配布しています。

■■ 【素材配布】 トーン削りブラシ


●砂消しゴムでぼかしたような削り
mdiapp_20150210_002.jpg   mdiapp_20150210_004.jpg

トップの画像の帽子部分や、服のフチのぼかし部分もコレです。
ドットの集合体のようなブラシです。photoshopでいうところの「ディザモードのブラシ」を使ったような表現。カッターで削ったような削りよりもやわらかい仕上がりになります。

異なる仕上がりの2種類のブラシ素材を配布しています。

■■ 【素材配布】 トーン削りブラシ2(ディザ削り)




【2】スタンプツールを使う方法
button_mdiapp_00.png
mdiapp_20150210_005.jpg
あまりよくわからないと思いますが、本当にかなり微妙にフチをけずることで、頬の赤み表現・肌の影をやわらかにぼかすのに便利です。

スタンプツールは登録してあるパターンの柄で描画できる機能です。フチの処理が3パターンあるので、普通にトーンを貼るように描いたり、削りではなくぼんやりとぼかすようにトーンのフチを表現できるので、肌まわりの様々な表現に大活躍! だと思いますよ。
mdiapp_20150127_003.jpg

■■ スタンプツールでトーンを塗るように貼る



これまでに書いたトーン削り関連の記事をまとめてみましたが、その他にもトーンを削るのに適した素材ブラシもいろいろあります。普通にイラストを塗るためのブラシでトーンを削ってみると思いがけぬ表現ができたりして面白いですよ。

なお、トップ画像の背景部分は、コミラボが公式で公開しているブラシスクリプト「ガーゼ」を利用してみました。曇りガラスのような表現ができて面白いです。(ブラシスクリプトはmdiapp・コミラボのみの機能です)
mdiapp_20150210_006.jpg

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す