RSS

ツール配置をこうしています:mdiapp+

私は基本的にmdiapp+を使用していますが、ツール系の配置をこんな感じにしています。
mdiapp_20141031_011.jpg
ポイントとしては各ウィンドウをきっちり並べるのではなく、微妙に重ねながら配置する点。
ブラシ系をガシガシ使うときにはブラシウィンドウとブラシオプション、カラーウィンドウを前面に出して、レイヤーを切り替えたい時にレイヤーウィンドウの見えている部分をクリックして前面に出す、というイメージ。
中途半端に重なっていると、一見ゴチャっとしているようには見えますが、今使っているものは前面。使っていないものは隠れているけど、一部は見えているから使う際にはクリックして前面に切り替え。というのは結構使いやすいですよ。いろいろ配置を試行錯誤していましたが、現在ではこの配置に落ち着きました。
あ、ちなみに自分は左利きです。右利きの人だと使いやすい配置は変わるのかも?

個人的にナイスだと思っているのはスナップウィンドウはドキュメントウィンドウのタイトル部分あたりに配置する点。この位置ならあまり邪魔にもならず、スナップのオンオフの切り替え、今のスナップの状態を見るのにも結構便利です。

実は、ナビゲータとパレットは普段は消していますが、実際表示するならこの位置、という意味で置いています。ナビゲータはメインの部分は表示しないようなウィンドウサイズに調整し、画面操作のボタンのみを表示。自分は画面の拡大や反転、反転の取り消しやアンドゥ・リドゥはショートカットで操作していますが、ショートカットになれない人や初心者は、ナビゲータウィンドウから操作するのが一番わかりやすいのでは? と最近思うようになりまして、こんな感じに画面操作ボタンが見やすい位置に固まっていたら便利かなと。

パレットは、カラーを描かないので使うことはほぼないのですが、Pixivで公開されていたmdiapp+のコピックカラーパレットを入れて表示してみました。このカラーパレットはすごい!

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す