RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

コミック用フォントについて 記事追加しました。

一般的な商業漫画のセリフに用いられる「ひらがなは明朝体、漢字はゴシック体」のフォントで、フリーで公開されているものの紹介記事があります。
コミックフォントについて


そこに1つフォントの紹介を追加しました。

■GL-アンチックPlus (現在 試験公開中)
http://gutenberg.sourceforge.jp/ja/index.html


外字で「!!」「!?」が登録されており、漫画的なセリフに対して強いフォントです。
mdiapp_1002_009.jpg
以前は縦書きに対応していないフォントだったのですが、いよいよ縦書きでも使えるようになり現状は不具合の可能性がある試験公開中の状態です。その点を納得の上使用する必要がありますが、でも使ってみたところ特に問題はありませんでした。

コミラボ、mdiappでは、「縦書きの中に一部横書き文字を配置する」縦中横機能がないので、「!!」や「!?」また「10時」のような半角数字をセリフの中に入れたい時は、別に打ち込んで配置する必要がありますが、このフォントを使えば少なくとも感嘆符関連はそのまま普通に縦書きでセリフを打ち込めます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。