RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

枠線引き、コマ割り作業の基本(コミラボ+、mdiapp+の場合)


mdiapp+、コミラボ+で枠線引き、コマ割りを行う場合、
ベクターレイヤー上に矩形(くけい)フレームで枠線を引き、フレーム分割ツールでコマ割りをしていきます。
コマ割りのごく基本的な操作を解説します。



★ベクターレイヤー:再編集可能な図形や、テキスト等を配置するためのレイヤー
★矩形フレームツール:矩形(=長方形)のフレーム(枠線)を描画するツール
★フレーム分割ツール:あらかじめ指定したコマ間隔で、枠線を分割し、コマ割りを行うツール

mdiapp_0904_001.jpg




【1】ベクターレイヤーに矩形フレームを描画する
ベクターレイヤーを作成するには、下図 レイヤーウインドウの赤丸部分のアイコンをクリックするか、
レイヤーメニュー>追加・ベクター を選択することでベクターレイヤーを作成します。
mdiapp_0911_001.jpg  mdiapp_0911_002.jpg

矩形フレームツールは下図 赤丸部分にあります。ツールオプションでは、枠線の太さなどが指定できます。
mdiapp_0911_003.jpg

矩形フレームツールを選択し、枠線を引きたい場所でドラッグすれば、枠線がひけます。
mdiapp_0911_004.jpg

【2】フレーム分割ツールで枠線を分割
mdiapp_0911_005.jpg
フレーム分割ツールはこちら。先ほど描画した矩形フレーム上でドラッグすると、フレームが分割されます。普通にドラッグすれば、水平・垂直にコマ割りできます。斜めにコマ割りしたい場合は、shiftを押しながらドラッグします。
(以前はshift+ドラッグで水平・垂直でしたが、2014年12月2日以降のバージョンから通常ドラッグで水平・垂直にコマ割りするようになりました)
mdiapp_0904_001.jpg
★斜めにドラッグすれば、斜めのコマ割りもスパっとできます。

なお、なお、コマとコマの間隔(マージン)は、ファイルメニュー>環境設定>その他タブから指定できます。
mdiapp_0911_008.jpg


【3】フレーム分割ツールを使わずにコマ割りすることも可能です
矩形フレームツールを選択したまま、もしくはフレーム分割ツールを選択した状態で、矩形フレーム上にカーソルを合わせて右クリックすると、以下のようなメニューが出ます。
mdiapp_0911_006.jpg

コマを縦に分割
コマを横に分割
コマを分割



コマを横に分割 を選択すると、カーソル位置でコマが横に分割されます。かなり手早くコマ割りできますが、この方法では斜めにコマ割りすることはできません。

【4】コマを等間隔に分割
矩形フレーム上で右クリックし、「コマを分割」を選択すると、コマを等分割できます。分割数やコマ間隔(マージン)も指定できます。4コマ漫画、3コマ漫画のコマ割りに便利です。
mdiapp_0911_007.jpg

基本的な操作は以上です。断ち切りのコマ割り等、コマ割りしたあとのサイズ調整の操作は以下の記事を参照してください。
枠線引き




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。