RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前の記事  | ホーム | 次の記事≫

mdiapp:期待のデジコミ作成ソフト

mdiapp試し

お気楽にイラストを描くためのツールとして、SAIを試していたのですが、
これはまぁ、なかなかに使い心地がいいので、購入しようと思っています。
今のところは試用期間中。

ゆくゆくはデジコミのペン入れに使用しようと思いつつも、
線画をいじりやすいベクター線が二値でないことや
ベクターの修正がちょっとゴチャついた感じでやりにくそうなのもあり、

定期的に見に行くサイトの方が使用しているツールである
NekoPaint(猫ペイント) も試しつつ、

他にないものかと色々ソフトを試していたところ、
「漫画を描くツール」であることに重点をおいたグラフィックツール
mdiapp を発見しました。

コレ、なかなかスゴイですよ。
画像はそのmdiappで描いたもの。

以下、mdiappの詳細レビュー。
(長文、デジコミ作成に興味のない人にはつまらない文章です)
mdiappとは?

公式サイトによると、

>Windows/WindowsMobile用グラフィックツールです。
>将来的にシェアウェア化する予定です。
>予価:5000円~10000円の間。
>公開中のバージョンは2009年以降起動できません。

とのこと、ちなみに、読み方は…、なんて読むんでしょうか?

今回、「デジコミツール」として
SAI、NekoPaint、そしてこのmdiappと、タブレットについてきたコミスタminiを
試してみましたが、

漫画を描くツールとして一番有用だと思ったのはやっぱりコミスタでしたが、
コミスタを除外するとmdiappが一番高機能でかつ今後も期待できるのではと思いました。

以下、そう思うに到った理由。

●SAI
グレースケールに不対応、二値ペンはあるものの、ベクター線は二値ではない。
また、これ自体ではトーン処理はできない。文字を置くこともできない。

●NekoPaint
グレースケール対応、テクスチャを使用することでトーン処理も可能。
ベクターレイヤーを使用すれば線画をベクター線にでき、二値の線にもできる。
定規ツールにより、集中線、スピード線なども描くことが可能。
(体験版には定規ツールが付いていないので、試してはいませんが)
文字はブラシとして置くことが可能のようだが、セリフ配置に使用するには難しい。
個人的には選択範囲のみを動かすことができないので、トーン指定に不便。
あとは公式な説明書が不十分なため、使い方がわかりにくく、とっつきにくい。
(かなり高機能で軽いソフトだと思うのですが、
ここがすごいマイナスポイントでもったいない…)

●mdiapp
グレースケール対応。テクスチャを使用することでトーン処理も可能。
基本線画はラスター画像だが、ベクター線で線画を描くことも可能。
(ただし制御点がかなり細かく出るので線画修正は難しい)
定規ツールにより、集中線、スピード線なども描くことが可能。
文字置きが可能で移動等も簡単、グラデーションをトーン状に変換することも可能。

mdiappはシェアウェア化に向けて細かく修正を繰返しているようなので、
今後の機能向上も大変期待できると思いました。

ふきだしの作成に関してがまだまだ弱い部分で、
自分でもベストな方法が見つからない状態です。

2008/10/06追記
10月4日にアップされたバージョン、1.08sより
線の変形ツール (ベクトルレイヤーのオブジェクト) が可能になり、
なめらかなカーブを描き、調整することが簡単になりました。
これにより、コミスタまではいかないものの、ふきだしの作成が簡単になりました。


テクスチャの回転ができないので、
タテ線の45°、なんてのは自分でそうなったテクスチャを作成しないと無理のようです。
ちなみに上に上げている参考画像のトーン部分は、
道原かつみさんがサイトにてアップしている
フリーのデジタルトーン画像を
mdiappがテクスチャに使用できる形に変換した物を使用しました。
藍の髪部分はグラデーションをトーン状に変換。

mdiappの一番のネックは、
「白=透明」と認識してしまうこと。
透明レイヤーに線画を書いて、白で修正すればそこが透明に認識されるのですが、
便利なようで実は不便。
上記の作例の「えー」の部分の白抜きは
えーの文字を白で縁取ってもダメなので、
ちょっと別の手段で白に変換するか
選択範囲とって集中線のその部分だけ消すかしないとダメ。
ふきだしの中も同様で、意外と困りました。

でもここまで機能があれば、安価にデジコミ作成が楽しめるソフトとして
十二分だと思います。

ただ、photoshopで言うところのディザ合成モードでブラシが使えるか
コミスタのパターンブラシのようなものがあれば
トーンの削りが行えるのですが。
現状ではトーンをどう削るかが考えつかない状態です。

photoshopにあるパスツールを使えるようになれば最高なんですが、
これはコミスタにもついていないもので…。

どのソフトも一長一短、どのソフトも体験版があるので、
それを思う存分試すといいと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
≪前の記事  | ホーム | 次の記事≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。